手作り化粧品

今週から、P&G特許を読み始めたところ、

乳化剤、マイカ、二酸化チタン、酸化亜鉛…など、

なんだか見慣れた言葉たちが。

そういえば、私、数年前、化粧品を手作りすることにはまっていたのでした。

当時、大学院に在籍していた私は、お金もあまりなく、とはいえ

薬局に売っている成分不明の安価な化粧品ではなく、

肌に優しい化粧品を使いたいと思っていました。

そこで思い立ったのが、手作り化粧品。

当時、化粧自体はほとんどしていなかったのですが

(変なポリシーで…汗。今は諦めて最低限の化粧はしてます。)、

いくらノーメイクと言っても、化粧水と日焼け止めは最低限必要だろう、

ということで、インターネットや本で調べつつ、作っていました。

当時お世話になっていたのが、このサイト↓

オレンジフラワー: 手作り石鹸と化粧品材料の通販店

例えば、このサイトのサンスクリーンのページで

二酸化チタンと酸化亜鉛を購入し、

例えばこのレシピを参考にしながら、

ふむふむ、水や油を混ぜるには乳化剤を入れるのね…とか、やってるうちに

気づいたら断片的にも知識がついていたということですね。

今思えば、実験そのものですね。笑

というわけで、馴染みがある物質が出てきて、

勉強のとっかかりが見えてきました。

化粧品の知識をベースに、分野を広げていくことを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする