JASIS 3日目(最終日) 私の夏休みも終了

今日は最終日ということで、1日目と同様朝から終了時間まで動き回りました。

そのせいか、さっき帰宅して玄関で靴を脱いだ瞬間、左足のふくらはぎが攣りかけました。。。

疲労と栄養不足ですかね。

朝昼と3日間ろくなものを食べてないような気もするので。。

ということで?今日はお疲れ様と自分への労いに、おいしそうな寿司を買いました(単に料理が面倒くさいというのがもうひとつの理由)。ブログを書きながらひとり打ち上げです。

さて。

JASIS、行く前は、自分のような初学者の人間が行くのは、まだ早いのでは…?と

気がかりだったのですが、結論、これは初学者こそ行くべきだと思いました。

初学者にもおすすめのポイントは、なんといっても、

JASIS主催の「日本分析機器工業会(JAIMA)」さん、

超太っ腹

の一言に尽きるかと。

とにかく、膨大な数のセミナーが開催されていました。

しかも一部を除けばほぼ参加無料。

なかには、同じ時間帯で興味のあるセミナーがかぶってしまって色々と断念しました。

が、どうしても聞きたいものは、ダッシュで途中参加したりしました。

私は、JAIMAさん主催の初学者~中級者向けの

「これであなたも専門家」シリーズのセミナーのうち、

IC編とMS編に一部出席したのですが、どうやら学生も対象になっているようで、

私がいても場違いな感じもせず、またどの回も素晴らしく情報量が多くて、

一気に知識が増えた感じがしました。

また、出席者には分厚い要旨集を1冊もらえるのですが、これを読むだけでも

十分勉強になりそうです。

また、入場者にはもれなく厚み3センチの「科学・分析機器総覧」(書籍・DVD)がもらえ、

また簡単なアンケートに答えると同じく厚み3センチの「分析機器の手引き」がもらえます。

繰り返しになりますが、JAIMAさん超太っ腹です。

また、各種企業のブースでは、パンフレットいただき放題。

グッズもたくさん配っていました(トートバッグ、ありがたかったです)。

また、いくつかの企業の担当者の方に直接分析機器の仕組みをご説明いただいたのも、

とてもよい機会でした。

なかには、話が弾んで、名刺交換をして、今度ぜひ直接会社に見に来てください、

色々と説明しますよ、と言ってくださった方もいらっしゃいました。

今回の経験で、こういう場で仕事を獲得することは十分あり得る事態なんだな…

と、実感しました。

最後に、備忘を兼ねて今回参加した全セミナーを記録したいと思います。

・ISO/TC201 (表面化学分析)国際標準化の現状と展望

・生体材料の表面分析に関する国際標準化~TOF-SIMSのバイオ応用の現状~

・これから始めようにおい・かおり分析(GC/Oの上手な使い方から、最新のにおい分析事情まで)

・☆入門編☆ 今日から始めるLC/MS! LCからLC/MSの分析実例登録

・ICを上手に使いこなすポイント

・おいしさを読み解くための機器分析手法

・【イオンクロの基礎講座】最新のノウハウを理解するために、ICの分離と検出の基礎を振り返る

・粘弾性の基礎から、最新・最先端のレオメーター/ラマン分光装置統合システムまでを一挙紹介

・Hondaの燃料電池自動車開発と水素社会に向けて

・【ラマン・基礎】 マネしてください!実践的ラマン活用講座

・ついに発売!他社とはまったく違うSFC! Agilent InfinityⅡ SFC

・誰もがGCエキスパート!高速分析や生産性向上を実現するアジレントの最新GC

・個別分析から多成分一斉分析へ!! トリプル四重極LC/MSを用いた食品中の機能性成分分析の最先端アプリケーション

・ラボの生産性、作業性を大きく向上させる、次世代ガスクロマトグラフの最新技術を一挙公開!

ご説明いただいた皆様、大変ありがとうございました。

来年はもっと充実した名刺を携え、プロ感丸出しで参戦できるように精進したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする