学習記録 10/2

◆今日やったこと

・岡野 (50)まで

朝起きたら胃痛がして冷や汗が出るほどだったのでお湯を飲んで再び寝ることに…。予定より1時間は勉強する時間が減りました。。

最近何やらずっと動悸が続いている感じで(もともと不整脈持ちなのですが)、ストレスかかってるんでしょうかね、、やる気はあるのですが、不調があるときは休むしかない。

とはいえ、ロスはあったものの、寝たら回復したので、朝は岡野の化学をやってから普通に出勤しました。

・オラクル社光学テープ対訳取り 20%→60%まで。

請求項を越えたら、サクサク進みました。というか、この明細書は構文も難しくなくて、1文も短いので悩む時間も少なかったです。

depositの訳が請求項と明細書で違うとか、色々気になるところはありつつも、とりあえず確定させて、進めます。残りは実施例だけなので、明日中に終わらせたい。

・特許明細書を読むシリーズ Varian GC/MS (29)

1本だけ…。

ところで、私は以前からto不定詞で「~するために」と訳すか、「~して、」と訳すか悩むことが多いです。

今回のビデオセミナーでも、

Referring to FIG. 1, a schematically illustrated trace vapor detection and analysis system 10 employs a gas flow distribution system or control circuit 12 to direct a trace vapor sample through the detection and analysis system 10.

というところで、自分は

「図1を参照すると、概略的に図示された極微量気体検出・分析システム10は、検出・分析システム10を通って微量気体サンプルを方向づけるためにガス流量配分システム又は制御回路12を用いる。」

と訳していたのですが、管理人様は

「図1を参照すると、概略的に図示された極微量気体検出・分析システム10は、ガス流量配分システム又は制御回路12を用いて、検出・分析システム10を通って微量気体サンプルを方向づける。」

のように訳出されておりました。たしかに読み比べると、後者のほうがしっくりくる気がする。でも、なぜ前者よりも後者がいいのか、と考えると、説明できない…。

というわけで、改めて、インターネットで英文法を調べていたら、ずいぶん前に辞書的に使っていた懐かしいサイトがヒットしました。

このサイトの「結果を表す不定詞」という項目が、上述の後者の訳し方ですね。

実際、私も後ろから訳さずに前から訳し下ろすことも多いのですが、とはいえこのサイトの解説にも書いてあるように、どんな場合でもこの訳し方でOKというわけでもないようで、未だに自信をもって訳せずにいます。。むーん。

でも要は、先ほどの訳文だと、前者は「サンプルを方向づけること」が目的になっていて、それを達成するための手段として「ガス流量配分システム又は制御回路を用いる」という論理だけど、後者は「ガス流量配分システム又は制御回路を用いた」結果、「サンプルが方向づけられる」っていう論理になっていて、確かにこうやって見比べると、後者のほうが原文の意味に近い、ということなのだろうな。

ここまで書いて、まだ自分の中で納得しきれていない部分がありますが…。。

今日も、まだまだ修行が足りないことを実感した一日でした。

◆明日やること

・岡野 (52)まで

・オラクル社光学テープ 終わらせる

・特許明細書を読むシリーズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする