学習記録 10/18-19

岡野の化学の有機化学編が終わり、今日から理論化学に入りました。

昨日はCSJ化学フェスタで薬剤の合成の話を沢山聞いたのですが、ちょうど岡野シリーズで核酸の勉強をしていたところだったので、難しいなりに、言っていることが理解できる瞬間があり、刺激になりました。

今回、理系の研究者による研究発表というものを私はおそらく初めて聞いたのですが、皆様、とにかくよどみなく化合物名や合成経路についてすらすらすらすらと話されていて、もうそれだけでこの二日間圧倒されっぱなしでした。。とはいえ、ただ圧倒されているとすぐ話がついていけなくなるので、常に緊張感をもってできるだけ話を追うように努力しましたが…。

その後、昨日は家に帰宅して、2日間の復習+調べ物をしてから、岡野の化学で核酸の続きを学び、DNAとRNAの転写と翻訳の様子を思い浮かべては大興奮しました。

まずRNAが3種類あることを昨夜初めて知りました。(汗)

同じRNAという名前がついているのに、役割が全然違うのもちょっと信じられないし、自分の体内でRNAさん等によるタンパク質製造工場が日夜せっせと稼働していると考えると、興奮して夜の寝つきが若干悪かったです。

あとは一昨日感銘を受けた伊丹健一郎先生の中高生向けのおすすめ図書『炭素文明論』を早速書店で購入して、冒頭を読み始めたらこれもものすごく面白くて大興奮。。

とにかく、炭素、まじやべーーーーー!!!って叫びたいです(語彙)。

興奮冷めやらない状況で(仕事中に)j-platpatで伊丹先生の名前で特許検索したり、カーボンナノチューブで検索したらアメリカの有名どころだとボーイングとかゼロックスの特許がヒットしたので、ここら辺も掘りたいな~と思いました。

また勉強が面白くなってきたので、時間をしっかり確保して加速したいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする